ゼロからの化学基礎

難しく考えずゼロからでも学べる初級者向けの化学ブログです。

「説明できる?」元素 原子 分子の違い

今回は、元素 原子 分子って何が違うのか について説明したいと思います。

 

こんにちは、ケミすぺあと申します。

 

 

化学の教科書で 元素 原子 分子 ってワードよく見かけますよね。

でも、全部同じ気がするって思う人も少なくないはず...

 

ということで

まずは、違いを一言でいうとこんな感じになります。

 

 

元素......成分

 

原子......小さな粒

 

分子......原子の集まり

 

 

こんなのじゃピンと来ないわ!

って思った人の為に二酸化炭素(CO2)を例にしてみたいと思いますが、

 

その前にちょっとだけ前置きさせてください。

 

物質の中には分子を作らない特殊な奴ら(金属など)がいますが、今回はその話は抜きにします。 (後日、分子を作る物と作らない物については別の記事に書きます。)

 

実は、物質(水や空気など)は大量の分子の集まりなんです。

(小さすぎて目には見えませんが)

 

つまり二酸化炭素をめちゃくちゃ小分けにしたやつが二酸化炭素分子です。

(もちろん実際にはそんなに細かく小分けにできません笑)

 

 

ここから本題に戻ります。

 

 

この画像が二酸化炭素をめちゃくちゃ小分けにしたやつです。

f:id:kemisupea:20200215145046j:plain

この赤い粒-黒い粒-赤い粒の3つの粒 全体のことを分子と呼びます。

 

さらに、先ほど説明したように分子原子(粒)の集まりなのでこの場合、1つの黒い粒と2つの赤い粒という3つの原子(粒)から二酸化炭素の分子は成り立っています。

 

また、二酸化炭素は画像からも分かるように炭素(C) と酸素(O) という2種類の元素(成分)から成り立っています。

 (元素記号なんかまだ覚えてないよーって方は、こちらの記事を読んでみてください。)

www.kemisupea.com

 最後に

まとめると

二酸化炭素(CO2) の分子は、炭素(C) と酸素(O) の2種類の元素から成り立ち、1つの炭素原子と2つの酸素原子で構成されている。

 

ということになります。

 

元素、原子、分子の違いを理解すれば教科書が少しは分かり易くなるので頑張ってみてださい!